設計料がもったいない!

住まいの基本性能を確保するにはある程度の予算が必要です。

特にリノベーションを行うときは、構造的な安全の確保を優先したいところでありますが、
柱・梁・基礎までとなると予算的に厳しいケースがほとんどです。

予算の中に占める設計料の割合が多くなると、その設計料の分を建物にまわした方が良いのでは?
と思ってしまうことがよくあります。

そんなことでリノベーションの相談では、つい 「設計料が勿体無いですよ」 と言ってしまうのです。

d0144114_11173719.jpg
(既設の住居をジャッキで持ち上げて基礎を新設。徹底してやるのなら設計料の価値もあるかと・・)

ありがたいことに、「それでもお願いしたい」 と言って下さる方がいらっしゃいまして、
今まで積極的でなかったリノベーションにも、本格的に取り組んでいこうと思っています。


で、さっそく明日、リフォームの達人の講習会に行ってきます(^^)





by dikta | 2011-03-08 11:11 | 設計のこと | Comments(0)


<< ポキッ!と折れそうな「ホキ美術館」 設計料がもったいない! >>