カテゴリ:Diktaのこと( 8 )
未来の建築士さんが遊びに来てくれました(^^)


一年半前の体験学習の学生さんが遊びに来てくれました。


今は建築士目指して頑張ってるとのこと。

なんだかとっても嬉しいぞー!


このところオーバーワーク気味でアップアップな状態でしたが、

これでまた頑張ることが出来そうです。



また遊びに来てくださいね(^^)ノシ

More
by dikta | 2014-08-27 16:37 | Diktaのこと | Comments(0)
森山高至さんのこと


建築家にして建築エコノミストの森山高至さんが、私の事務所にお越しくださいました。
(森山さんのブログでご紹介いただいてます→http://ameblo.jp/mori-arch-econo/entry-11503738238.html)

テレビのコメンテーター、「建築知識」など専門誌の原稿執筆、マンガの原作までとても幅広く活躍されている方です。建築関係のお仕事をしている方なら、どこかで森山さんの仕事にふれたことがあるのではないでしょうか?

d0144114_12573495.jpg
この「建築知識ビルダーズ」の連載コラムも森山さんの執筆です。

私が森山さんを知ったのは今から4年前のこと。建築知識の付録DVDで、設計事務所の経営について的を射た説得力のある解説で、深く印象に残るものでした。

d0144114_1391427.jpg






























この住宅相談会のチラシは森山さんのアイディアを試したものです。

森山さんはマンガへの造詣が深く、建築を面白い切り口で分かりやすく表現することが得意としています。

私は自分のクライアントさんから「面白いブログがありますよ」と森山さんのブログを教えていただきました。その時は、この面白いブログと森山さんがリンクすることが出来ず、「萌える!建築基準法」の発売で森山さんの幅広い活躍ぶりを知るに至ります。

そんな多才な森山さんに、知らず知らずのうちにお世話になっていたことも。

10年ほど前、森山さんの企画した設計コンペに参加させていただいたことがあります。コンペ自体は中断して不成立でしたが、これがご縁で他のプロジェクトでご指名いただくことになりました。

そのプロジェクトが「丸七住宅(株) M's蔵和」です。


不思議なご縁でつながった森山さんが、今回来社くださったことで、またまた新しい縁を運んでくれたようです。お話が進みましたら報告させていただきますね。



意匠経済企画研究所
http://www.ars-nova.co.jp/

建築エコノミスト森山さんのブログ
http://ameblo.jp/mori-arch-econo/




<2013.04.08 ディクタ建築事務所 原田久>
by dikta | 2013-04-08 19:56 | Diktaのこと | Comments(2)
桃栗3年柿8年。

「桃栗3年柿8年」のあとに続けて
「梨のばかやろ15年。」
なんて言ったりしますよね(^^)

さて、4月1日の今日。

私たちDikta建築事務所は
開設して、まる15年になりました。

15年もやってるなんてすごいなと
自分のことながら褒めてあげたいところなのですが、

実は、才能ある人なら3年でやれてしまうようなことが
私の場合15年かかってもまだ出来ません。

不器用で、梨のようにバカヤロな私が、よく15年も続けられたな
というのが率直な思いです。。

不器用ではありますが、自分の選んだ大好きな仕事ですからね。
これからも懸命に続けてまいりたいと思ってます。


16年目のDikta建築事務所、どうぞよろしくお願いします(^^)
by dikta | 2013-04-01 09:11 | Diktaのこと | Comments(6)
今年も未来の建築士さんが体験学習にやってきました(^^)

d0144114_19150249.jpg


豊田市内の中学生が、職場体験学習に私の事務所に来てくれました。


何故はるばる私の事務所なのかとの疑問がありましたが、

理由を聞いてみると、私たちのデザインが好きで選んでくれたとのこと。

特に「上郷の家」や「Diktaの社屋」が好きなんだそうです。


若い娘さんなのに好みが渋いです(^^)




さて、初日。

まずは、軽くオリエンテーションとして、建築家という職業について説明。

建築家と建築士の違いはなんなのか。

どうやったら建築家になれるのか。

そういったお話をさせていただきました。



そして、 「野口の家」 の定例打合せに同行してもらい実際の工事現場を見学。

工事見学が終わると、事務所に戻ってCGの作成をお願いします。


d0144114_19150323.jpg


初めは戸惑っていたようですが、

小一時間もすると要領よく作業をこなすようになります。



そうこうしているうちにお昼時。


d0144114_19150249.jpg


初日のDiktaめしはハヤシライス。

トマトがきいてて美味しいのです(^^)




二日目は近くの 「為当の家」 のリノベーション工事現場を見学。


d0144114_19150329.jpg


現場は解体が終わって、スケルトンの状態。

木造建築について説明するには丁度いい塩梅です。



事務所に戻って、内観スケッチの書き方を教えてあげました。

d0144114_19150370.jpg


むかーし、むかーし、私が専門学校で教えていた頃の手づくりの教材です(^^)


そうこうしているうちにお昼時。


d0144114_19150392.jpg


二日目のDiktaめしはパスタ。

ベーコンがたくさん入っていて美味しいのです(^^)



d0144114_19150489.jpg


午後からは模型を作ってもらいます。





そして、最終日は 「老津の家」 の見学。

d0144114_19150486.jpg


クライアントの要望を叶える為には、あらゆる知識を備えておくと、

他所では出来なかったことも実現してあげられます。

そういったことを理解してくれたようです。




ちょうどお昼時でしたので、近くのオシャレカフェでランチ。

d0144114_19150421.jpg


ここは地元の設計事務所が手がけたカフェ。

普段は馴染みのない設計事務所というものが、意外と身近な存在であることに気が付いてもらえればと。



この体験学習で、ほかでは出来ない家づくりが、これからの心がけ次第で

叶えてあげられるようになれることに気が付いて貰えると嬉しいです。



是非、頑張ってくださいね。




※今年度の職場体験の受け入れは終了いたしました。



by dikta | 2013-01-25 16:48 | Diktaのこと | Comments(2)
お客様のスケッチをもとに

このところ、お客様から手書きのスケッチをいただくことが重なっています。

こちらからスケッチをお願いすることはないのですが、お聞きしていなかった要素が
入っていたりして参考になります。

収納部分にしまいたい物や、つくりつける棚などをスケッチしていただいたり。

お考えのプランをスケッチしていただいたり。

消して書き直してあるところを見つけて、検討の跡を探ったりしながら、ご要望と そのかたちに
たどりついた意図を汲みつつ、CAD図面に起こしていきます。

CADでの図面は寸法も正確で 整っていて見やすく良いのですが、手書きのスケッチのほうが、
どこを大事にしているのかが伝わりやすいと思います。

d0144114_1331169.jpg

ちなみにこちらは所内でのスケッチです。

CAD図面より頭が柔らかくなりそうです。



<2012.05.23 ディクタ建築事務所 栗山祐子>
by dikta | 2012-05-23 13:48 | Diktaのこと | Comments(0)
未来の建築士さんが職場体験に来ました(^^)


夏休みに入る少し前のこと。

「将来は 建築家 になりたいので、職場体験をさせてください!」


と中学生から電話がありました。



私たちの会社で職場体験の生徒さんを受け入れるのは初めてのこと。

どんな仕事をやってもらって、どのように接すればその子の為になるのか・・・



facebookで意見を聞いてみると

「成功体験を持ち帰らせてあげたらどうでしょう?」

「仕事は甘いものじゃないんだ!という情報は要らないと思います!」


などなど、貴重なアドバイスをいただきました。



9月の事前訪問に来てくれた生徒さんに 「なんで設計事務所なの?」 と問いかけてみると、

テレビ番組で建築家を目差している建築家の卵の姿を見て、この仕事に興味を持ったそうです。

思っていた以上にしっかりとした、頭の良い生徒さんであることが分かり、

作業のハードルを上げてみることにしました。



そして向かえた職場体験初日。

まず、オリエンテーションとして 「建築家という職業と、建築家になる為の方法」 について説明。

d0144114_20532379.jpg


説明が終わると、さっそく図面を渡してCGパースを描いてもらいます。

最初は戸惑ってましたが、すぐに勘どころを掴みます。

d0144114_20542771.jpg


お昼休憩。

1日目のDiktaの賄いランチはパスタとサラダとコンソメスープ。


d0144114_20552126.jpg



気分転換に内観スケッチの基本を教えてあげました。


d0144114_19150733.jpg




感覚が良いので、教えたことはドンドン吸収し、

優れた理解力で与えられた仕事をテキパキとこなします。

これならアルバイトに来てもらっても十分戦力になります(^^)



想定外の早さで課題をクリアしてしまったために、

2日目は内観のCGパースを自由に作成してもらうことに。



2日目の終了間際、事務所に置いてある模型を見て、模型も作ってみたいと申し出。

えー!ちょっと遅かった...時間的に厳しいよ。



でもやっちゃいましょう!

d0144114_19150799.jpg


3日目は朝から模型の作製。




d0144114_19150702.jpg


じゃん!完成~♪ 内観パースもキレイに描けています。


午後からは、昨年竣工したお宅の1年点検に同行。

d0144114_19150881.jpg


お客さんと工務店さんに色々と質問をぶつけてました。



この職場体験を受け入れるにあたって

随分と事前に準備をしたり、考えたりしましたが

私自身、自分の仕事を見つめ直すとてもいい契機となりました。

ありがとう。



また遊びにきてくださいねヾ(^_^)



※今年度の職場体験の受け入れは終了いたしました。



by dikta | 2011-10-06 18:16 | Diktaのこと | Comments(2)
会社名の由来



先日 「ベッカンコ」 の記事を読んだ方から

「そもそも ディクタ って何なの?」 

と素朴な疑問をいただきました。



↓ 実はコレ。




d0144114_19151147.jpg





現役時代は

「鉄の女」

とか

「猛女」

とか形容されてましたな。




d0144114_19151198.jpg


↑ この時のレースで万馬券とったので・・・まぁ、縁起がいいかなとお名前拝借。。




いい加減ですまん(´・ω・`)
by dikta | 2011-04-14 17:21 | Diktaのこと | Comments(2)
21年前の今日は・・・・・



21年前の今日は・・・

まだハタチのピチピチだった私が、大阪の出江さんへ弟子入りした日です。

d0144114_20571023.jpg

               <80歳にして益々意気軒昂。 出江寛さん>



何も知らず、何も出来なかった私に、出江さんは実に厳しく建築を叩き込んでくれたのです。



とにかく最初の3年間は、ひたすらにどつかれまくっておりました。


図面の書き方が悪いとどつかれ、

報告の仕方が悪いとどつかれ、

現場の監理が悪いとどつかれ、

建築に対する姿勢が悪いとどつかれ、、、


抑揚が激しく感情をコントロールしない方ですから、本当に激しく怒鳴られ、激しくどつかれるのです。

恐かったし、痛かったのです。。マジで。



でも、そうして叩き込まれた出江のエッセンスは、20年を過ぎた今でも無意識のうちに出たりして

「出江さんの教えが、身に付いたのだな」 と、後になって気が付く事がよくあります。



今になって思えば、出江さんにどつかれまくって叱られ倒されたあの頃が、

かけがえのない本当に贅沢な時間であったと思うのです。(痛かったけど・・)



毎年3月22日が来る度に、そんな若かりし日々を思い出しながら

気持ちを引き締めているのであります。
by dikta | 2011-03-22 12:38 | Diktaのこと | Comments(2)