カテゴリ:建築メモ( 37 )
美しい欄間


最近では純粋な和室が減ってきたせいか欄間を目にすることは少なくなってきたと思いませんか。

そんな中でも、「北設の家」の和室には欄間があります。

d0144114_10254231.jpg

こちらの彫刻欄間は、以前住まわれていたお宅にあったもので、クリーニングして新しい住まいにやってきました。

実際に取り付くまでは色目が合うか、ノスタルジックになりすぎないかなど心配しましたが、出来上がってみたら思った以上にしっくり馴染んでいます。

見た目にも美しいのですが、それをこれからも残していこうとする想いも美しいと思います。


<2013.10.03 ディクタ建築事務所 栗山祐子
by dikta | 2013-10-03 10:28 | 建築メモ | Comments(0)
消費税の引き上げと政府の対策について


消費増税の引き上げに伴う住宅業界への影響を軽減するための政策がまとまりそうです。
6月26日の与党合意の内容に基づいて、国交省主催の説明会が各地で開催されています。

他の都市に先駆けて開催された新城での説明会に行ってまいりました。
d0144114_17132516.jpg
増税後の税的不公平を抑えることと、住宅業界への影響を軽減することを主眼として対策が講じられています。その施策は2つです。


①住宅ローン減税の拡充

住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借り入れる場合の金利負担の軽減を図る制度です。毎年末のローン残高の1%(限度額あり)が10年間に渡り所得税の額から控除されます。

その年間の控除額が、現在の最大 200万円(20万×10年)から 400万円(40万×10年) に拡充されます。

比較的収入が多く、かつ借り入れ額の多い方は、消費税アップ後のほうが税負担が少なくてすむことがあります。

反対に、所得の少ない方や借り入れの少ない方は、住宅ローン減税拡充による救済の恩恵に与れません。


②給付金による還付(すまい給付金制度)

住宅ローン減税拡充のメリットを受けられない方について、税負担を軽減するために設けられた制度です。所得制限を設け、収入に応じた給付金を支給することになります。

消費税8%時に、収入額(目安)が425万円以下→30万円、425~475万円→20万円、475~510万円→10万円。(個々の事情により所得税が変わるので、実際には県民税の所得割額算定基準になります。)

この経過措置は、平成30年以降についてはまだ未定です。

消費税引き上げ後の需要の冷え込みを抑えることが目的ですので、消費税10%が定着したころを見計らって、これらの救済策を静かに終わらせるものと思います。

今回の軽減策により、当面の間は消費税引き上げによる金銭的な負担は少なくなります。

無理して消費税アップに間に合わせる必要はありません。
せっかくの家づくり。じっくり腰を据えて良いものを作るのがよろしいかと思います。


<2013.08.11 ディクタ建築事務所 原田久>
by dikta | 2013-08-11 18:29 | 建築メモ | Comments(0)
フローリングサンプル


事務所にフローリングのサンプルが届きました。

d0144114_7211449.jpg

現在進行形で現場が動いているプロジェクトのためのサンプルではなく、計画中のプロジェクトやもっと先のためのものです。

こちらでいくつかピックアップしてお願いするのとは違い、様々な種類のサンプルたち。

表情豊かで見ているだけで楽しくなります。


<2013.07.25 ディクタ建築事務所 栗山祐子>
by dikta | 2013-07-25 11:46 | 建築メモ | Comments(0)
畳のイメージ


畳というと、どのようなものを思い浮かべるでしょうか。

シンプルにまとめるのであれば縁無し畳がきれいですが、縁があるもののほうが畳自体が
傷みにくくておすすめです。

d0144114_1473836.jpg


琉球畳と縁無し畳は本来は別物なのですが、最近では正方形の縁無し畳を指して琉球畳と
言ったりします。琉球畳のほうが、素材がしっかりしているので縁がなくても良かったのですが、
そのシンプルさが受け入れられ、普通の畳材で縁をなくしたものも多く出回っているようです。

畳は最初はすがすがしい緑色。そして淡緑から薄黄色、やがて褐色に変化するので、
縁(へり)の色を選ぶ時、どのタイミングの色を基準に考えるのか 悩ましいです。


個人的なおすすめは、畳の色には合わせない色です。

ピンクベージュ系ですと、木の色にも遠くなく、真壁でなくても建具の枠など木の要素と
相まって軽く優しい雰囲気に仕上がります。

グラック系ではきゅっと引き締まった印象になります。

また、柄もたくさんありますが無地のほうがシンプルで品良くまとまりやすいと思います。

ご自宅の記憶や好みもあるので一概には言えませんが、ご参考になれば幸いです。



<2013.3.13 ディクタ建築事務所 栗山祐子>
by dikta | 2013-03-13 14:21 | 建築メモ | Comments(0)
ユニバーサルデザイン


老若男女・文化や国籍の違い等を問わず、すべての人に使いやすいユニバーサルデザイン。
浴室・キッチンなどの空間という大きなものから、食器などの小物まで、「みんなに優しいモノ」
が増えてきています。

d0144114_1528513.jpgd0144114_15285082.jpgキッチンでも、車イスなどが入るようにシンク下が空きスペースに
なっているものや、写真のようにキッチンワゴンがそのままイスに
なる物など、配慮の方向は同じですが異なる形状で提案されていたりします。

またお子さんがお手伝いをしやすいように、引出し式の踏み台が備わっているキッチンも。

(写真はPanasonicさんより)


以前病院の談話室で見かけたキッチンで、引出しの取っ手が縦付けのものがありました。
ちょうどマグカップを持つような感じで引きだせ、力がいらず非常に楽だったのを覚えています。
通常横に付いている取っ手の向きをを90度変える、たったこれだけのことなのですが。


常識的に、一般的に使いやすいから、と考えていると、使う人にとって何がいちばん良いのかを見誤る可能性もあるかもしれません。
また見抜けていても対処法がわからなくては同じことなので、色々な新しいものに触れて、アイディアの引出しを増やさなくてはと改めて思いました。



<2013.2.25 ディクタ建築事務所 大澤明日香>
by dikta | 2013-02-25 15:33 | 建築メモ | Comments(0)
フローリング材の検討


フローリング検討のためのサンプルたち。
無垢のものや床暖房対応のものなど様々です。
d0144114_1163991.jpg

床暖房対応の無垢材は、熱による反りや伸縮を抑えるために手間を掛けて
加工しているため、一般の材より高価になります。

もう少し安価な物に、合板の表面に無垢の挽き板を合わせたハイブリッドな
床暖対応フローリングがあります。
あばれの少ない合板をベースとしているので、反り等の変形が極めて少な
くなります。


マルホンさんをはじめ、良いものを作っているメーカーがたくさんあります。
先ほど新しく届いたサンプルも含め検討中です。



<2013.2.19 ディクタ建築事務所 大澤明日香>
by dikta | 2013-02-19 11:08 | 建築メモ | Comments(0)


色決めの時は艶(ツヤ)の指定も忘れずに。設計意図により光らせたい場合と、そうでない場合があります。全艶、5分艶、3分艶、艶消など細かく指定します。

d0144114_1952392.jpg






























庭の木のシルエットを床に映したいなど特別な意図を持つ時は全艶が面白く、それ以外は、個人的に全艶は好みではないので、5分艶か3分艶を指定することが多いです。

5分艶と3分艶の違いは並べて比べないと分からない程度の差。その時感じたフィーリングに従って指定します。




<2013.2.1 ディクタ建築事務所 原田久>
by dikta | 2013-02-01 10:04 | 建築メモ | Comments(0)
イスの高さ


家具を購入する際、テーブルとイスの高さで悩むことが多いのではと思います。
テーブルはオーダーメイドで、イスは既製品を購入するというお話もよく耳にしますが
快適な食事や無駄な肩こり等を生まないためにも、高さの計画は大切にしたいところです。
d0144114_17355760.jpg

自分の身長をHとした場合、一般的には以下が推奨されています。

・イスの座面高さ(下腿高さ) = 0.25 × H
・机とイスの間隔(差尺)= 0.55 × H × 1/3 - (2~3cm)

下腿高さは座った時の膝から下の高さなので、実測するとより良いです。
差尺は、身長の0.55倍を1/3とした高さから2~3cm引くと、心地よい高さとなるそうです。

座卓の場合、机の高さ=差尺となりますが、クッションを敷いたり正座をすることを考えると
少し高め(33cm前後)が理想的です。


またキッチンカウンターをカウンターチェアに座って使用したい場合は、カウンター高さに注意です。
一般的に売られているカウンターチェアは座面高60~80cmなので、カウンターの高さは110cm
程度に留めておかないと、選べるチェアが限られてしまいます。


最終的にはご自身の体格や好みによると思いますが、以上の数値も是非ご参考にどうぞ。



<2013.1.21 ディクタ建築事務所 大澤明日香>
by dikta | 2013-01-21 17:40 | 建築メモ | Comments(0)
建具の小窓


洗面脱衣やWCなど、在室確認のためにつける実用的な小窓や
デザイン的な意味でつけるスリット窓、明かり取りのための大きな窓など
建具の窓には様々な目的が有ります。


d0144114_1343922.jpgd0144114_1344890.jpg




写真左は「御津広石の家/豊川」の子供部屋の扉。
スクエア窓を連続させたデザインで、明かりもよく通します。

右側の「古宿の家/豊川」の玄関からリビングへの扉は上半分を明かり取りとし、
チェッカーガラスを使用することで視線を遮ります。



見た目をスッキリさせたい場合は、上から下までスリットを通す・手掛けの位置に小窓を
付ける等の工夫で小窓と引手を兼用することも可能です。



<2013.1.7 ディクタ建築事務所 大澤明日香>
by dikta | 2013-01-07 13:10 | 建築メモ | Comments(0)
バリアフリーユニットバス


トイレなどはバリアフリー商品が多数ありますが、ユニットバスに
関しては大手メーカーでも思ったより充実していない印象を受けます。
d0144114_195982.jpg

浴槽のまたぎの高さや浴槽内の腰掛けの位置・手すりの取り付け位置
などは決まった中から選択するしかありません。
(特注対応はしてもらえるかもしれませんが)

LixiLではLa・Bath Yタイプがバリアフリー対応になります。
サポート手すりが全周に渡っており、浴槽に移りやすいように折畳式の
腰掛が標準仕様。
シャワーの位置も通常は洗い場と浴槽の間になりますが、邪魔にならな
いように壁際になっています。


住宅でバリアフリーな浴室を望む場合、今のところ在来浴室の方が
叶えられる希望が多いかなという気がします。



<2012.12.17 ディクタ建築事務所 大澤明日香>
by dikta | 2012-12-17 19:06 | 建築メモ | Comments(0)