<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
21年前の今日は・・・

まだハタチのピチピチだった私が、大阪の出江さんへ弟子入りした日です。

d0144114_1923715.jpg

何も知らず、何も出来なかった私に、出江さんは実に厳しく建築を叩き込んでくれたのです。

とにかく最初の3年間は、ひたすらにどつかれまくっておりました。


図面の書き方が悪いとどつかれ、

報告の仕方が悪いとどつかれ、

現場の監理が悪いとどつかれ、

建築に対する姿勢が悪いとどつかれ、、、


抑揚が激しく感情をコントロールしない方ですから、本当に激しく怒鳴られ、激しくどつかれるのです。

恐かったし、痛かったのです。。マジで。


でも、そうして叩き込まれた出江のエッセンスは、20年を過ぎた今でも無意識のうちに出たりして

「出江さんの教えが、身に付いたのだな」 と、後になって気が付く事がよくあります。


今になって思えば、出江さんにどつかれまくって叱り倒されたあの頃が、

かけがえのない本当に贅沢な時間であったと思うのです。(痛かったけど・・)


毎年3月22日が来る度に、そんな若かりし日々のことを思い出しながら

気持ちを引き締めているのであります。





by dikta | 2011-03-22 16:08 | ..雑感戯言 | Comments(0)
21年前の今日は・・・・・



21年前の今日は・・・

まだハタチのピチピチだった私が、大阪の出江さんへ弟子入りした日です。

d0144114_20571023.jpg

               <80歳にして益々意気軒昂。 出江寛さん>



何も知らず、何も出来なかった私に、出江さんは実に厳しく建築を叩き込んでくれたのです。



とにかく最初の3年間は、ひたすらにどつかれまくっておりました。


図面の書き方が悪いとどつかれ、

報告の仕方が悪いとどつかれ、

現場の監理が悪いとどつかれ、

建築に対する姿勢が悪いとどつかれ、、、


抑揚が激しく感情をコントロールしない方ですから、本当に激しく怒鳴られ、激しくどつかれるのです。

恐かったし、痛かったのです。。マジで。



でも、そうして叩き込まれた出江のエッセンスは、20年を過ぎた今でも無意識のうちに出たりして

「出江さんの教えが、身に付いたのだな」 と、後になって気が付く事がよくあります。



今になって思えば、出江さんにどつかれまくって叱られ倒されたあの頃が、

かけがえのない本当に贅沢な時間であったと思うのです。(痛かったけど・・)



毎年3月22日が来る度に、そんな若かりし日々を思い出しながら

気持ちを引き締めているのであります。
by dikta | 2011-03-22 12:38 | Diktaのこと | Comments(2)
人と空間の交渉人・中西ヒロツグさんの講習会
人と空間の交渉人「匠」中西ヒロツグさんの講習会に行ってまいりました。(震災前のことです。)


建築関係者からはあまり評判の芳しくないこの番組。

その中にあって、今回の講師である中西さんは、同業者からとても高く評価されている方です。


短時間ではありましたが、リフォームの注意点やコツなどとても楽しく聞くことができました。

中でも私にとって一番の収穫は 「リフォームならではの醍醐味」 について語っていただけたこと。


これからはリフォーム物件についても前向きに取り組んで行きたいと思います。



参考URL 劇的ビフォーアフター 人と空間の交渉人「匠」中西ヒロツグさん
by dikta | 2011-03-15 07:45 | 設計のこと | Comments(0)
「新城市 市場台の家」 プチ見学会を開催しました

昨日はコッソリとプチ見学会を開催しました(^^)

一年前に竣工した 新城の市場台の家 におじゃまして、現在の住まい方を見学させていただく催しです。

d0144114_18104664.jpg






























吹抜からリビング・ダイニングを見下げた景色です。
床板が良い感じに色焼けてまいりました。

d0144114_18105550.jpg






























基本的に床に座っての生活ですので、天井高さを抑えた断面計画としています。
続き間のふすまは常時開け放って開放的に暮らしていらっしゃいます。

d0144114_1811227.jpg






























スノコ状の渡り廊下。

d0144114_18111213.jpg






























リビング吹抜。階高を抑えているために、子供部屋までの距離も近く感じられます。

d0144114_18113293.jpg






























友達とDS中。なぜかここで対戦するのだそうです。

d0144114_18114172.jpg

収納の多いお宅ですので、きれいに整理されて暮らしておられます。
玄関ホールから 「リビング」 へ直接入る経路と 「シューズクローク」 を経てキッチンスペースへ至る 「回遊性」 のあるプランが好評です。

d0144114_18114970.jpg






























食品庫の片隅に設けられた奥様用の机。

d0144114_18115671.jpg






























シューズクロークには、コート掛けがあります。


市場台のお施主様、ご来場くださったみなさま本当にありがとうございました。


こちらのお施主様からは、「自慢の家をご覧いただきたい」とおっしゃっていただいておりますので、興味のある方は個別にご案内させていただきます。





by dikta | 2011-03-14 12:06 | オープンハウス | Comments(0)
お見舞い申し上げます。

日が経つにつれて被災状況が詳らかになり、

その凄まじいばかりの状況を目の当たりにするにつれ

無力感に苛まれています。


東北大地震で亡くなられた方、被災された方にお見舞い申し上げます。


私たちに出来ること。


陰ながら心ばかりの支援と、自分の仕事を着実に、一生懸命頑張ること。

単に同情するだけで終わることなく、日々の生活を見直してしっかりと生きたいと思うのです。


復興に何年かかるか分かりません。

少しずつではありますが、継続的に支援していきたいと思っています。





by dikta | 2011-03-12 06:57 | ..雑感戯言 | Comments(0)
話題の 「ホキ美術館」 に行って来ました

東京での講習会のついでに、ちょっと足を延ばして 「ホキ美術館」 を見てまいりました。

d0144114_19205537.jpg

30メートルの片持ちキャンティレバー(はね出し部分のことです)が迫力の話題の建築です。

単にはね出すだけなら比較的簡単らしいのですが、これを揺れないようにするのが難しかったそうです。


計算上は、人が不快に感じる揺れ以下に抑える設計がなされているそうですが、

実際に人の感じ方は計算の範疇で図れない部分もあります。

で、そのような場合に備えて、支えの柱を後からでも入れられるように考えられているとのこと。

(先端に立って跳ねてみましたが、そのような揺れは殆ど感じませんでした。)


構成からディテールまで見るべき部分も多く、とても楽しい美術館でございました。


by dikta | 2011-03-11 12:48 | ..雑感戯言 | Comments(0)
ポキッ!と折れそうな「ホキ美術館」
.
写実絵画専門の 「ホキ美術館」 へ行ってきました。

館内は撮影禁止なので、外観写真だけの紹介です。

d0144114_0323979.jpg


30メートルの大はね出し空間。


d0144114_0325469.jpg


足元には、一直線にスリットが。


d0144114_19350694.jpg


美術館の構成から細部に至るディテールまで見どころ満載で面白かったです。

写実的絵画にはまったく興味なかったのですが、意外と見入ってしまいました(^^)
by dikta | 2011-03-10 19:24 | 建築見学 | Comments(4)
設計料がもったいない!

住まいの基本性能を確保するにはある程度の予算が必要です。

特にリノベーションを行うときは、構造的な安全の確保を優先したいところでありますが、
柱・梁・基礎までとなると予算的に厳しいケースがほとんどです。

予算の中に占める設計料の割合が多くなると、その設計料の分を建物にまわした方が良いのでは?
と思ってしまうことがよくあります。

そんなことでリノベーションの相談では、つい 「設計料が勿体無いですよ」 と言ってしまうのです。

d0144114_11173719.jpg
(既設の住居をジャッキで持ち上げて基礎を新設。徹底してやるのなら設計料の価値もあるかと・・)

ありがたいことに、「それでもお願いしたい」 と言って下さる方がいらっしゃいまして、
今まで積極的でなかったリノベーションにも、本格的に取り組んでいこうと思っています。


で、さっそく明日、リフォームの達人の講習会に行ってきます(^^)





by dikta | 2011-03-08 11:11 | 設計のこと | Comments(0)
設計料がもったいない!


住まいの基本性能を確保するにはある程度の予算が必要です。

特にリノベーションを行うときは、構造的な安全の確保を優先したいところでありますが、柱・梁・基礎までとなると予算的に厳しいケースがほとんどです。

予算の中に占める設計料の割合が多くなると、その設計料の分を建物にまわした方が良いのでは?と思ってしまうことがよくあります。

そんなことでリノベーションの相談では、つい 「設計料が勿体無いですよ」 と言ってしまうのです。

d0144114_754482.jpg

















(既設の住居をジャッキで持ち上げて基礎を新設。徹底してやるのなら設計料の価値もあるかと・・)

ありがたいことに、「それでもお願いしたい」 と言って下さる方がいらっしゃいまして、今まで積極的でなかったリノベーションにも、本格的に取り組んでいこうと思っています。

ということで、さっそく明日、リフォームの達人の講習会に行ってきます
by dikta | 2011-03-08 07:54 | 設計のこと | Comments(0)
エクスナレッジ(建築知識)の術中に・・・・・



ブログに記事をアップしながらハタと気が付いたことが。

d0144114_19384525.jpg




























どうも、狙い通りに エクスナレッジ(建築知識) の術中にはまってしまっているんじゃないかと・・・


買った本を分類してみると


<最高・究極系>

  最高の建築家25人
  最高の建築をつくるデザインのルール300
  最高の階段をデザインする方法
  最高の水まわりをつくる方法
  最高の開口部をつくる方法
  住宅インテリア究極ガイド
  木材デザイン究極ガイド


<新しい系>

  楽しく分かる!住宅工事現場写真帖 / 新しい手作り住宅のススメ
  新しい住宅デザインの教科書


<誰にも分かる系>

  世界で一番やさしい 建築基準法
  世界で一番やさしい 木造詳細図
  イラストで学ぶ「建築基準法」の算定方法
  「納まり・仕上げ」現場写真帖
  安全な構造伏図の描き方が誰でも分かる
  家づくりビジュアル大辞典


<超・スーパー・パーフェクト系>

  断面・スパンなんて簡単だ!スラスラ木構造スーパー略算法
  30分でチェックできる 法規スーパー「簡便」シート
  木造3階建パーフェクトマニュアル
  「省エネ住宅」最新攻略


<一発系>

  一発で通す!「確認申請」
  一発で決める「プレゼン・契約」



といった感じです。



この会社の本は、本当に良い本が多いですから、釣られちゃっても損はないのですが、

赤い文字の部分がなかったとしたら、おそらく買わなかったと思われる本もたくさんあります。

なかなかやりますな。





by dikta | 2011-03-03 16:26 | ..雑感戯言 | Comments(0)