野田城址のこと・・・  2000/05/30

最近、新城の議会だよりで野田城の整備を訴える議員さんの質問を読みながら15年前のある出来事を思いだした。

高校1年生の春休み、武田信玄最後の合戦として知られる市指定史跡・野田城跡を見にいった。
本丸跡、二の丸跡などひと通り見終わって帰ろうとした時に駐在さんに声を掛けられた。

『こんな所で何をやっとるだ!』

『野田城を見に来ました。』

『嘘つけ!こんな何も無い所へ誰が来るだ!!』

『・・・・(確かに)』

『ちょっと駐在所まで来い!!!』


史跡に指定して看板を掲げる以上、純粋な見学者が怪しまれない程度には整備される事を望む。
# by dikta | 2001-01-01 00:06 | ..雑感戯言 | Comments(0)
続・続・30にして思う処  2000/05/15


広末似の友人が事務所に遊びに来た。

『おもむろに取り出したって所ってココ?』

・・・ハイ、そこです(笑)
# by dikta | 2001-01-01 00:05 | ..雑感戯言 | Comments(0)
10年  2000/05/05

社会へ出て10年になる。

気をゆるめてはないか?
ごまかしてはいないか?
問題から逃げてないか?
今の自分は、想像していた姿であるのか?
自分が設計した建築は、出江が見て何と思われるのか・・・・

10年の節目にあたり、出江によく言われた言葉が必要だと改めて思う。

『初心忘れるべからず!!!』

10年前に“どきどき”しながら、初めて図面を書いた心構えで、
次の10年の第1歩を踏み出したいと思う。
# by dikta | 2001-01-01 00:04 | ..雑感戯言 | Comments(0)
30にして思う処  1999/11/01

30への足音は確実に忍び寄っていた。

誕生日の半年前、朝風呂を浴びていると、朝日に照らし出されたチン毛の中に1本の白いチン毛を発見したのです。

『気まぐれで生えよったんやろ!』

程度の認識で、その1本の珍毛を抜いてしまい別段気にとめる事もなくその後の日々を過ごしていました。
20代最後の瀬戸際。心中かなりの抵抗を示していたのですが、淡々と流れる時間と云うものに抗する術は無く、実に呆気なくその時を迎えたのです。

誕生日の昼下がり、ふと1本の白いチン毛の事を思い出し、 事務所の中でおもむろにチンチンを取り出し、数えてみると白いチン毛が 13本 も有るではないか!!

その時、確かに僕の20代は終わったと云う諦めと、開き直りという軽快な心の羽とを持つに到るのです。



                           やりまっせ!! 
# by dikta | 2001-01-01 00:00 | ..雑感戯言 | Comments(0)