21年前の今日は・・・

まだハタチのピチピチだった私が、大阪の出江さんへ弟子入りした日です。

d0144114_1923715.jpg

何も知らず、何も出来なかった私に、出江さんは実に厳しく建築を叩き込んでくれたのです。

とにかく最初の3年間は、ひたすらにどつかれまくっておりました。


図面の書き方が悪いとどつかれ、

報告の仕方が悪いとどつかれ、

現場の監理が悪いとどつかれ、

建築に対する姿勢が悪いとどつかれ、、、


抑揚が激しく感情をコントロールしない方ですから、本当に激しく怒鳴られ、激しくどつかれるのです。

恐かったし、痛かったのです。。マジで。


でも、そうして叩き込まれた出江のエッセンスは、20年を過ぎた今でも無意識のうちに出たりして

「出江さんの教えが、身に付いたのだな」 と、後になって気が付く事がよくあります。


今になって思えば、出江さんにどつかれまくって叱り倒されたあの頃が、

かけがえのない本当に贅沢な時間であったと思うのです。(痛かったけど・・)


毎年3月22日が来る度に、そんな若かりし日々のことを思い出しながら

気持ちを引き締めているのであります。





by dikta | 2011-03-22 16:08 | ..雑感戯言 | Comments(0)


<< リフォームか?建替えか? 匠・... 21年前の今日は・・・・・ >>