土地探しの大原則と設計事務所の家づくり

先月の相談会は、土地探しからといった方からのご相談が多かったです。
相談会でお話させていただいたことを、まとめ的につらつらと。


私たちの豊川エリアで 「さぁ、土地探し!」 と動き始めた皆さんがお感じになること・・・

「豊川って意外に土地が高いですね。。」

そうなんです。

名古屋まで名鉄で乗り換えなしで行けますし、近くに東名の豊川インターがあり、
新幹線のある豊橋までJRで10分ほど。

豊川って交通の便が良い街なので結構なお値段がするのです。

ところで東三河で土地探しとなると、1500万前後の物件がよく出る価格帯。
売りやすい好物件は、大手のハウスメーカーやデベロッパーが得意です。
私たちまで情報がまわる土地というのは、この売れ筋から外れたものとなります。

そこで、土地探しと設計事務所の家づくりについて少し整理してみます。

まず、土地探しの大原則として「立地」 「条件」 「価格」
この3つの条件を全て満たした物件はありません。

「立地」 「条件」 が良ければ 「価格」 は高くなります。

限りのある予算で土地探しをする場合「立地」 「条件」 
のどちらかの要件をお譲りいただく必要があります。


■ 「条件」 を優先したい場合。

多少不便な地域でも、敷地条件の良い物件を探す場合。

敷地が整形で日当たり良好といった条件の良い敷地でしたら
どなたが設計されてもそんなに酷い間取りにはならないのではないかと思います。

「この事務所のこの作風が好き!」とかならともかく
設計事務所を入れる必要性は比較的少なくなります。


■ 「立地」 を優先したい場合。

駅から近いなど、立地の恵まれた地域に物件を探す場合。

「日当たりが悪い」「形状が不整形」「傾斜地」といった不利な敷地となります。
こういった条件の悪い敷地も、設計次第では魅力的な敷地に仕上げることも。

条件の悪さは設計力でカバーする。

そういった土地探しの方法もひとつの手かと思います。

是非ご検討ください。


また、どのような好条件の敷地でも、設計事務所なりのメリットがありますので
好条件の敷地の方であってもどうぞお気軽にお問い合わせください。





by dikta | 2011-06-07 12:48 | 仕事のこと | Comments(0)


<< この豪華本のお値段は? 一日限定カフェ♪ >>