木造2階建て住宅が危ない。


先日、地元のカフェに置いてある住宅会社のチラシで信じられない間取りを見ました。

d0144114_17274413.jpg































私が見たものとは、建築専門誌で特集されていた『量産される「危ない間取り」 (日経BP 2009/07/28)』 で取り上げられてもおかしくないような間取り。

日経BPの記事を要約すると、従来の大工や設計士といった建築の専門家から見ればありえない住宅が量産されているというもの。(リンク先の記事と、それに対する読者(建築の専門家)のコメントで、事の深刻さがお分かりいただけることと思います。)

これは決して他人ごとではなく、豊橋のプレカット工場で実務に携わっている方にヒアリングしても 「危ない間取り」 は多くあり、中小の住宅会社に限ったことでもないようです。


このような 「危ない間取り」 が量産される背景には、二つの理由があります。


①木造2階建て住宅は、構造計算が義務付けられていない。

建物の大きさに応じた壁の量のチェックといった簡易な構造審査のみで、確認申請は通ってしまいます。

さらに、一級建築士の印鑑があれば、構造審査は免除されてノーチェックで審査が通ってしまうことも問題の一因をなしています。(これを4号特例といいます


②建築の専門家によるプランニングがなされていない。

住宅会社の社員といえど、全てが建築の専門家ではありません。
 
昨今の住宅業界では、安易に建築士の資格の無いものにプランニングさせる風潮があります。専門教育を受けてない、営業マンやコーディネーターがプランニングを行う事例が多くあります。(厳密には違法行為)

専門知識もなく、建築士の資格すらない営業担当者がプランニングを行い、危ない間取りのまま契約し、壁の量だけのチェックで確認申請を通し、危ない間取りのままプレカット工場へ図面が持ち込まれ、危ない間取りのまま上棟、施工されてしまうという構図です。


家づくりをお考えの方は、以下のことを確認してください。

あなたの家をプランニング(=設計)してくれるのは誰ですか?


プランニングは設計の要です。

住宅会社なら必ず建築士の有資格者がいるはずです。建築の専門知識のある人、少なくとも建築士の有資格者にプランニングして貰うようにしてください。

それだけで 「危ない間取り」 の確率を少なくすることが出来るはずです。


※2年前に書いた関連記事も併せてお読みください →http://dikta.exblog.jp/14570937/



<2012.05.25 ディクタ建築事務所 原田 久>
by dikta | 2012-05-25 09:45 | 設計のこと | Comments(0)


<< コンセントプレートの形 お客様のスケッチをもとに >>