古民家改修のこと


10年ほど前のことになりますが、
古民家改修のお話を頂いております。

ただそのお話は、お金が貯まった時ということですので、
いつになるのかは分かりません。

でも、しっかりと準備だけはしておこうと
少しずつ資料を整えたり、調べ事をしたりと
準備だけは怠らないようにしています。

お話を頂いたそのお宅は、とても魅力のある建築です。

建築基準法の規定に則って設計すれば、手っとり早くて簡単なのでしょうが
せっかくの素敵な空間が台無しです。

石場建ての足元。
筋違のない貫きによる構造。

可能ならば、真の伝統構法で、このお宅の改修工事を行いたいというのは
私の願いであるのです。

いくつかハードルがあるのですが、
構造設計に関するハードルがクリア出来そうです。

引き受けて頂ける工務店の目処も立ちましたので
あとはGoサインをいただけるのを待つばかりでございます。



<2012.10.12 ディクタ建築事務所 原田久>
by dikta | 2012-10-12 13:05 | 仕事のこと | Comments(0)


<< ルーバー角度 検討中 シャープに見せる工夫 >>