図面の整合性


萩原さんから杉山の家の写真が届きました。

やっぱり私たちが撮るのとは全然違いますよね(^^)

そのうちにwebsiteにアップします。

d0144114_1292048.jpg


それでは、本題にはいります。


先日、工務店さんとお話している時に「実施設計、どれくらいの期間で書いてますか」と聞かれて
3か月。今回(多米の家)は店舗併用なので4か月かかりましたと告げると

「一体、何でそんなにかかるんですか?」・・・と。

私たちの場合、基本設計がまとまると、一通りざーっと実施図面のアウトラインを起こして、
お客さんと打ち合わせ。

スイッチ、建具の開き勝手、構造耐力壁の最終確認を行い、
これ以上変更がなくなった段階で構造計算にGoサイン。

それと平行して、仕上げ、外構、照明、コンセントなどの確認を行い、
構造設計が上がったら、構造図と意匠図の食い違いを修正。

こんな手順で仕上げるんですよと説明すると

「なるほど。それで原田さんの図面は整合が取れているんですね」と。

その工務店さん曰く、豊橋ではO先生と私が、
整合性の高い設計図を描く建築家の双璧なんだそうです。

だからちっとも儲からないのか・・(^^;)


d0144114_12161265.jpg

儲からないことは置いておくとして

設計事務所の家づくりは一品生産。
すべてが手作業での図面作成ですので、どうしても図面間の食い違いというのは起こります。

(建築分野でも、それを自動的に修正するソフトがようやく普及しはじめてますが・・・)

設計事務所や建築家は、「作り上げる作品自体が商品」と考える傾向にあるので
図面を商品と位置付けない方が多くいます。

図面は、商品である作品を作るための手段に過ぎず、
食い違いがあっても現場で修正すればOK。間違いがあって当然・・という考え方です。

この「図面は間違いがあって当たり前」という感覚は、
お客さんの立場からすると、極めて理解できないことだと思うのです。

高い設計料を支払って依頼したのに、受け取った図面に間違いがあって当然なんて。

私自身、アトリエ事務所におりましたので、建築家サイドの言い分も分かるのです。

ただ、やはり、良いものを作ろうと思えば、
図面の精度を高めて、現場での混乱や後戻りを避けるように心がけることは必要なこと。

そういった観点から、私たちの事務所では図面精度を上げることに努めてました。

結果、お客さんに対しても、食い違いの少ない図面をお渡ししていることなのですが、
お客さんからの信頼を損なわずに済んでいたのかもしれません。

それだけ気を配っても、どこかで間違いは起きてしまいまして、
それを補うために、工務店からの質疑や現場での定例打ち合わせがあるわけです。

ということで・・

修正可能なミスについては暖かい目で見てくださると幸いです。


 ※今進行中のどこかのお宅でミスしたとか、そんな訳ではありません。念のため..(^^)



<2014.10.29 はらだひさし>
by dikta | 2014-10-29 12:33 | 想い | Comments(0)


<< ブログ、面白いですね(^^) 今年を振り返ってみました(^^) >>