<   2018年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
今年読んだ本

今年は特に慌しい年で、本を読む時間が取れませんでした..
数少ない中から面白かった本をご紹介。

d0144114_20401850.jpg
「凍土の共和国(金元祚)」

1984年に出版された古いものですが、北朝鮮がらみで話題になっていたことから興味を持って購入。二十年前に、北朝鮮へ帰国した兄と妹に会うべく訪れた訪鮮した著者が、想像を絶する北朝鮮の実態を描いた本です。
d0144114_20403956.jpg
日本人の間で北朝鮮は、長く「地上の楽園」として語られていたわけですが、総連系コミュニティーでは北朝鮮の過酷な実態がこの帰還事業を契機に知られるようになり
事業開始から3年を境に4年目以降、帰還人数が激減しています。

d0144114_20405024.jpg
「メディアは死んでいた(阿部雅美)」

北朝鮮がらみで、もう一冊。
昭和55年(1980年)元産経新聞社会部記者の阿部さんが、初めて拉致を報道。

しかし日本では、長い間「拉致などない、でっちあげだ」と言われ、拉致されても単なる家出としてしか扱われず、孤立無援の拉致被害者とそのご家族たち。

北朝鮮の実態が状況証拠を積み重ねればある程度把握できる状況であったにも関わらず、日本の政治家、官僚、メディアはあまりに愚鈍でした。

d0144114_20413910.jpg
「日本国紀(百田尚樹)」

12章と13章の内容を知って貰いたくてこの本を出版したらしいのですが、忙しすぎてまだ10章の途中。冬休みの間に読めるといいなぁ..





by dikta | 2018-12-30 08:52 | 本のこと | Comments(0)